BitBucketからGitHubのプライベートリポジトリに引っ越した

GitHubのプライベートリポジトリが無料でも作れるようになりました! 無料で共有できるのは3人までですが、僕がやっているような個人開発は一人で使うことが多いため非常に嬉しいです。

ずっとプライベートリポジトリとしてBitBucketを使っていましたが、重かったり使いづらかったりで不満はあり、GitHubを使いたかった気持ちはあったので、とりあえず一番頻繁に使っているCrieitのリポジトリをBitBucketからGitHubに引っ越ししてみました。

GitHubでプライベートリポジトリを作成

まずはGitHubにて空のプライベートリポジトリを作成しておきます。

各環境のremote参照を変更

開発環境、本番環境など、Gitで参照しているremoteのURLを変更します。とりあえず現状のURLを見てみます。

$ git remote -v  
origin  git@bitbucket.org:alphabrend/dev.git (fetch)  
origin  git@bitbucket.org:alphabrend/dev.git (push)

URLを変更します。

git remote set-url origin git@github.com:dala00/crieit.git

再度確認してみると変更されていることがわかります。

git remote -v  
origin  git@github.com:dala00/crieit.git (fetch)  
origin  git@github.com:dala00/crieit.git (push)

実際にpushしたりする際にはGitHubの方にも鍵を登録しておく必要があります。ローカルはBitBucketにもGitHubにも登録しているかもしれませんが、本番環境は個別に登録していく必要がある場合が多そうです。

諸々準備できたらfetchしたりpushしたりを試してみてください。(まだざっとしか試していないのでうまくいかなかったらすみません…)

草も移動するっぽい

多分ちゃんと草も移動してくれてるっぽい(?)です。

まとめ

あとはCIとかも引っ越す必要がありますのでまた対応したら記事を書いていきます。

Crieitはdev.toとQiitaを参考に作った、というところからdevという変なリポジトリ名になっていたのですが、この機会にちゃんとしたリポジトリ名にできたのも良かったです。